MOTIVE

TOMOKO’S JOINED MOTIVATION

映画のエンドロールに
名前を刻みたい。

就活当初は、そんな気持ちでいました。もちろん志望業界は映像やメディア系。
だけど少しずつ知るうちに「何か違う」と思うようになりました。
理想と現実のギャップというところです。
次に考えたのがB to Bの中でも人材業界。仕事って人の生き方に大きな影響を与えるじゃないですか。
私が採用に関わることで、その人の人生に影響を与える。
さらにその人が会社で出世して、何かしら世の中に影響を与える。
自分の与える影響がもの凄く大きいな。面白そうだな。なんて考えたんですね。

そうして何社か受けたうちの1社がR4。これ、今だから笑い話ですけど…
座談会へ参加した私は、眠気に襲われ、確か、夢の世界へ行ってしまったんですよね。
(あぁ、本当にごめんなさい)
そこで登場したのが平松さん。人とか、企業とか、採用についてアツク語る。
眠気が覚醒するほど「スゴイな」と感じたのを覚えています。
そうして選考を進んで、気付けば入社が決定。
正直深い理由はありません。直感、というのが働いたんでしょうね。

入社してどうか…良かったんじゃないですかね。懐の広い考え方だし。
私、交通事故で1年以上病院通いせざるを得ない時期があったんです。
大変でしたけど、フレキシブルに働かせてくれましたね。
お陰で職と収入を失わずに済んだのは、良かったなぁ。

TOMOKO’S ONE DAY

  • 8:30
    いつもより少し早めに出社。
    プレゼンに向けた提案資料の作成に思考をフル回転。

    谷口智子さんの一日の仕事の流れ8時半のイメージ写真

  • 12:00
    提案後の休息。音楽プレイヤーで
    好きな曲を聞きながら、コーヒーでホッと一息つきます。

    谷口智子さんの一日の仕事の流れ12時のイメージ写真

  • 12:30
    制作さんと原稿に関する打合せ。
    媒体・ターゲット・表現までこだわり抜きます。

    谷口智子さんの一日の仕事の流れ12時半のイメージ写真

  • 19:00
    情報管理の観点からデスクの鍵を所定の場所へ戻し、
    用事があるから少し早めの帰宅。

    谷口智子さんの一日の仕事の流れ19時のイメージ写真

PERSON

Copyright (c) 2015 R4 All Rights Reserved