採用アウトソーシング

Solution Case

学校訪問からの採用 進学塾

抱えていた課題
出遅れ気味の新卒採用では
採用が難しく、時間も割けない。
「2014年4月入社の新卒学生を採用できないだろうか」。
2013年の11月に、そんな相談を同社からいただきました。
「若手人材を採用しなければいけない」という同社の経営課題から端を発しましたが、
この時期にリクナビなどの新卒採用サイトへ掲載してもご満足しづらい状況。
しかも人事担当者様は塾の講師も兼任しているため、
そこまで採用に時間を費やすことができません。
解決策を見つける必要がありました。
提供したサービスの概要
指定大学を訪問することで、
学生の紹介ルートを開拓。
着目したのは『大学からの紹介』。
就職課に足を運び、未だ就職活動中の学生を紹介してもらおうというものです。
しかし人事担当者様は多忙なため、一連の実務代行をお任せいただくことになりました。
まずは当社専任の代行スタッフが同社を訪問。
事業内容、企業風土、理念、募集職種などを徹底的に理解し、求人票を作成します。
そして後日、代行スタッフは同社のスタッフとして就職課へ足を運びます。
お客様ご指定の、名古屋市内にある大学・大学院8校へ。
当然ながら企業紹介や事業優位性など、何を聞かれても答えられるような状態でお伺いします。
求人票・会社パンフレット・連絡先をお渡しすることで、
学生を紹介いただける関係性を構築しました。
効果・成果
1名紹介いただき、
入社が確定しました。
訪問した大学から同社へ連絡をいただきました。
「紹介したい学生さんがいる」と。
早速社長との面接を設定し、選考を受けていただくことに。
人物面において問題ないということで、同社はすぐに内定を出しました。
学生さんも内定を承諾いただき、入社が確定。
新卒採用サイトに頼らない、新たな採用手法を確立したとも言える事例です。

Solution Case

Contact

  • お名前
  • 貴社名
  • 部署・役職名
  • メールアドレス
  • 所在地
  • 電話番号
  • 貴社URL
  • お問い合わせ項目
  • お問い合わせ内容

個人情報保護方針>>

お電話でのお問い合わせはこちら 0800-222-2314 <受付時間 平日9:00~18:00>

  • Page Topへ
  • Contactへ