お役立ち情報

1
  • 「2017年5月1日時点 内定状況」就職プロセス調査(2018年卒)
    2017,05.17

    株式会社リクルートキャリアが運営する組織「就職みらい研究所」が
    「2017年5月1日時点 内定状況」就職プロセス調査(2018年卒)を発表しました。

    ▼概要
    5月1日時点での大学生の就職内定率(速報値)は34.8%。
    前年同月の25.0%と比べて9.8ポイント高く、
    企業側・学生側の活動が早期化していることがうかがえます。

    資料ダウンロード

  • 最低賃金が改定されます
    2016,09.20

    2016年10月1日より、全国の最低賃金が改定されます。
    全ての都道府県で20円前後の上げ幅になりますので、
    是非該当エリアの金額をご確認ください。
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/index.html

  • 最低賃金が改定されます。
    2015,09.28

    2015年10月1日より、全国の最低賃金が改定されます。
    全ての都道府県で20円前後の上げ幅になりますので、
    是非該当エリアの金額をご確認ください。
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/index.html

  • 2015年3月の求人マーケット振り返り資料
    2015,05.25

    東海三県の有効求人倍率および全国の求人マーケット振り返り資料を公開します。
    東海の求人倍率は依然高水準で、全国平均は59ヶ月連続で上昇。
    岐阜県も2月には1.4倍を超え、愛知県に並ぶ勢いです。

    1)東海三県の有効求人倍率
    厚生労働省発表のデータを当社が独自に編集。
    月単位の棒グラフによって表すことで
    愛知・岐阜・三重における求人市場の変化をまとめました。
    過去数年との比較、全国との比較もできる仕様になっています。

    2)全国の求人マーケット
    業種・職種毎の求人件数、若年からシニアまで世代毎の求人件数・倍率、
    職業別・年齢別の職業紹介状況など、
    幅広いデータを独自にまとめました。

     

    東海三県の有効求人倍率
    全国の求人マーケット

  • 2015年1~4月 就転職の動き
    2014,12.17

    1月~4月は卒業・入学・転勤などパート・アルバイトの入れ替わりが活発になる時期。
    短期バイトなど「高収入」の求人も増えるので早めに採用活動を進めることが大切です。
    4月入社に向け社員ニーズも増えるので、様々な手法で求職者にアプローチする企業が増えてきます。
    また求人倍率の上昇は落ち着いたとはいえ、まだまだ高い水準です。
    愛知県:1.50 岐阜県:1.31 三重県:1.20 全国:1.10(2014年10月)

     

    ダウンロード

1

Contact

  • お名前
  • 貴社名
  • 部署・役職名
  • メールアドレス
  • 所在地
  • 電話番号
  • 貴社URL
  • お問い合わせ項目
  • お問い合わせ内容

個人情報保護方針>>

お電話でのお問い合わせはこちら 0800-222-2314 <受付時間 平日9:00~18:00>

  • Page Topへ
  • Contactへ